本文へスキップ

http://www.sheetmetal.gr.jp/

ご挨拶SALUTATION


東東京シートメタル工業会は、東京都北東部に事業拠点を置くシートメタル製品を製作する企業の集まりです。
当工業会では、会員企業と業界発展のため「経営」「教育」「雇用」など私達を取り巻く諸問題を解決するための研究を行っています。 また会員企業間の従業員も含めた親睦を深めるためのレクリエーション活動や、技能向上の為の講習会の開催、次世代を担う後継者やリーダーを集めた青年部の 活動など、新しい時代にむけて積極的な活動を行っています。
さて、板金製品というと何が思い浮かぶでしょうか?
板金製品は私達の生活の中に広く浸透している工業製品の一つです。ぜひ、皆様の周りを見渡して下さい。
家電製品 ・パソコン ・自動車など、生活に身近なものからハイテク製品まで全てに私達の技術が生かされています。
板金製品は鉄 ・ステンレス ・アルミなど板状の金属素材から作られます。
私達は、それらの材料を「切る」「穴をあける」「曲げる」「溶接する」などの沢山の行程を経て製品にしていきます。
最近では工場で活躍する工作機械もコンピューター化され、ボタンひとつで複雑な加工をしてくれるものや、先端技術であるレーザーを使った加工機も登場し、より すぐれた製品が作れるようになりました。
しかし、ハイテク化した機械だけで全てが完成するのかと言えばそうではありません。
日本の製造業の歴史を支えてきた匠の技術は次の世代へと常に形を変えながら受け継がれてきました。
そうした先輩方の努力無くして今の技術はあり得ないのです。
私達は、今後も伝統あるすばらしい技を守り、また新しい技術への探究心を忘れること無く、板金製品を通じて社会に貢献してまいります。


結成趣意書


混迷の度を益々深め、最近二度に渡るオイルショックを乗り越えたわが国においても、貿易摩擦、円高、財政危機、高齢社会等国内外に難しい問題を抱えております。 それだけに、次代の発展に備えどの様な活路を開いていくかは日本を代表する企業でも不確定な要素を抱えている状況と思われます。 私共中小企業においてはなおのこと経営の舵取りは非常に難しく、重大な局面を迎えていると言えましょう。
この様な状況から、各企業が独自の特徴を持って進むことは勿論大切なことでありますが、共通の悩みを解決する場として業界の横のつながりを持つ組織をつくり、 お互いに交流をはかり、技術レベルの向上と情報の集積度を高め切磋琢磨し、高品質・低価格・短納期という顧客の要求に答える体制をいち早く整え 自他共に認められる企業にならなければならないと思います。
そこで、今回皆様方一同と会し、同業者の親善を深めると共に、東東京シートメタル工業会(仮称)結成について、語らいをはかりたいと念願しております。

昭和62年 6月15日

発起人(五十音順・敬称略)
相場工業(株) (株)秋山製作所 協栄医科工業(株) 讃星工業(株) 
(株)関口製作所 (有)永岡製作所 日新建鉄(株) 森川シャーリング(株) 
(株)山崎電気製作所 (有)吉野精密板金




バナースペース

東東京シートメタル工業会 事務局

〒125-0062
東京都葛飾区青戸4-14-7
潟Aマダ 東京東SC内
TEL 03-3602-2101
FAX 03-3602-6167